このページでは、鏡の製造方法や工程に
ついて簡単に説明しています。


板ガラスの原料
珪 砂
〔けいしゃ)
原料のうち約70%がこの珪砂という砂です。
この砂の品質がガラスを作る上で重要な役割を持っています。珪砂とは主に石英粒よりなる白ないし褐色の砂で陶磁器の原料にもなります。
苦灰石 白雲石。カルシウムとマグネシウムの炭酸塩鉱物。
製造段階でガラス内に泡(気泡)が発生するのを消す効果があります。
ソーダ灰 炭酸ソーダ 石灰石 堆積岩のひとつ。動物の穀や骨格などが水底に積もってできる。
芒硝
(ぼうしょう)
硫酸ナトリウム。ナトリウムの硫酸塩。 カレット ガラスの溶解を容易にするためのガラス屑。
板ガラスの製造方法
フロート法 フロート法で製造された板ガラスをフロートガラスとよびます。
その中でもフロートバスと呼ばれる工程はフロートガラスの製造工程における心臓部で板ガラス製造技術の革命ともいわれています。
現在私たちが目にする板ガラスは、ほとんどこの方法で製造されています。
デュープレックス法 線入や網入板ガラスを作る方法
ロールアウト法 模様入り板ガラスを作る方法
鏡の製造工程
銀引き法 反射率:93〜94%
洗 浄 素板ガラスの表面に付着したホコリやゴミを完全に除去するため洗剤を使って洗浄します。続いてガラス面の銀引きを完全なものにするため、塩化錫で処理し、さらにそれを純水で洗
浄し、次の工程に送ります。
銀引き 銀の溶液と還元液を同時にガラス面に吹き付け、薄い銀膜を形成させます。
銅引き その銀膜の上にさらに銅の溶液とその還元液を同時に吹き付け、網膜を形成させます。その後、純水で洗浄、熱風で乾燥、さらに電熱で乾燥し、水分を完全に除去します
塗 装 鏡の裏止めとして特別につくられた塗料をカーテン塗装して、銀膜を完全に保護します。
洗 浄 裏と表に付いた汚れを完全に洗い落とします。
乾 燥 充分に乾燥させます。
銀引き鏡の誕生です。
真空アルミ蒸着法 反射率:82〜83%
洗 浄 素板ガラスの表面に付着したホコリやゴミを除去するため洗剤を使って十分に水洗浄します。
乾 燥 ガラスのアルミ蒸着をより完全にするため、熱風と電熱で乾燥を十分にします。
真空蒸着 縦型ベルジャにてアルミを溶解し、ガラス面に蒸着します。
塗 装 鏡の裏止めとして特別につくられた塗料をカーテン塗装して、真空蒸着膜を完全に保護します。
乾 燥 充分に乾燥させます。
真空アルミ蒸着鏡の完成です。